Jim Tavaré

【第7回】ハリー・ポッター俳優、ジム・タバレの病状回復への道〜その3(Human Touch Blogより)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アメリカヒューマンタッチ社に、ジム・タバレからビデオメッセージが届いています。

私たちは最近、Jimと彼の妻Lauraとお会いして、彼の進歩状況を更新しました。

彼の理学療法は順調に進んでおり、現在はセラピストと週に4回リハビリを行っています。

何ヶ月も動けなくなってから、彼は今再び歩き回ることができるようになり、嬉しく思っています。

彼にはまだ痛みが残っていますが、LauraはPC-610が回復への道に大きな助けとなったと話しました。

ジムが作成したビデオメッセージがあり、過去数ヶ月にわたってPC-610がどのように影響を与えてたかを語っています。

Jim Tavare, of Harry Potter & the Prisoner of Azkaban, Thanks Human Touch

(リンクをクリックすると、アメリカのサイトへ移動します)

彼が話してる内容を要約しました。

 

今回の事故で、怪我をした逆の肩が痛くなったりしましたが、この椅子のおかげで大変快適に過ごせた。

一日の3分の1はこのチェアにいてます。

リハビリの先生にこのチェアを使っていると話したら、先生もこの椅子のことを知っていて、

「今のあなたには最高の椅子だ」と言ってくれました。

ジム・タバレは、この椅子をおすすめします。

 

という感じのことを言ってます。

このような腰、背中、肩などのリカバリーには、とても有効なようです。

アメリカのリバビリ業界でも、このチェアは認められているようです。

 

彼の過去の記事はこちらから

https://www.rippleeffect.co.jp/category/perfectchair/jim-tavare/

 

椅子にご興味ある方は

http://www.humantouchjapan.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る