PerfectChair®

【第2回】PerfectChair®で下半身の血液を心臓へ戻そう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

前回は、PerfectChair®の大きな特徴の一つでもあります、ゼロ・グラビティ(無重力)ポジションにすることで背中や腰にかかる負担が減る事をお伝えしました。

前回の記事はこちらからどうぞ
【第1回】PerfectChair®(パーフェクトチェア)は無重力チェアー

それ以外にも、ゼロ・グラビティ(無重力)ポジションにすることで素晴らしい恩恵があります。

今回は、血液循環に絞って書いてみようと思います。

PerfectChair®の特徴であるこのゼロ・グラビティ(無重力)ポジションですが、写真を見てわかるように脚が高く上がっているのがわかります。

脚を高く上げることがなぜ良いのでしょうか。

人間の血液は重力により下半身へ集中しています。

心臓から送り出された血液は、体中の血管をめぐりまた心臓へ戻ります。

その時、下半身の血液はふくらはぎによって組み上げられ心臓へ戻す事はご存知と思います。第2の心臓と言われている所以でもあります。

横浜血管クリニックのウエブサイトに次のように書かれています。(引用

人間の体は、心臓から血液が全身の細胞へ動脈という道を使って酸素や栄養分を届けるために送り出され、届けると同時に細胞から排出された二酸化炭素や老廃物を回収して、静脈という道を使って心臓に血液を戻します。この流れの中で、足を流れ心臓に戻る血液は、重力に逆らって心臓に戻らなくてはなりません。そこで血液を戻すためのポンプの役割を果たすのがふくらはぎの筋肉なのです。人間の下半身には全体の7割もの血液が集まっていて、ふくらはぎの筋肉が動くことで血液を心臓に戻します。つまり血液を心臓に戻すには、ふくらはぎの筋肉を伸び縮みさせる必要があります。これがなんらかの理由でうまくいかなくなるとふくらはぎで血液が停滞して足がむくみます。

運動不足や高齢で筋力が落ちた方は、このような重力に逆らって心臓へ血液を戻す機能が低下しているといえるかもしれません。

先程の引用にはむくみが書かれていましたが、むくみ以外にも血液の停滞が冷えを起こすことも言えるでしょう。

このPerfectChair®は、心臓より高い位置に脚が上がります。そのことで自然に血液は低い心臓へ流れていきます。ふくらはぎの筋肉量などにも影響は少なく、だれでもこの恩恵を受けることが出来ます。

また、ゼロ・グラビティ(無重力)ポジションは、背中の筋肉もリラックスさせます。(前回のブログ

筋肉の緊張が減少する事は、横隔膜の圧力が減少し肺が大きく拡張することができ、酸素をより多く取り込むことが出来ます。

停滞していた下半身の血液が心臓へ戻り、大きく拡張した肺から取り入れた多くの新鮮な酸素を取り込み身体中に送り出すことが出来ます。

さらに、心臓は下半身の血液を汲み上げる負荷も減るため、効率的に血液を送り出すことができるのです。

女性にもうれしい!

足のむくみや冷えの解消も期待できます。腰痛以外にも美容関係にもうれしい効果ではないでしょうか。

毎日15分から20分行うことをアメリカHUMAN TOUCH社のウエブサイトに掲載されている動画でも話されています。

短い時間、毎日リカバリーすることが良いようです。

エステ店やネイルサロン、マッサージなどの業種にもて適しています。

また、アメリカでの導入事例なども記事にしてみたいと思います。

 

まとめ

  • 心臓より高い位置に脚を上げる姿勢ゼロ・グラビティ(無重力)ポジションが浮腫みや冷えに影響を与える。
  • 下半身にある血液を心臓に負荷を掛けずに戻すことができる。
  • ゼロ・グラビティ(無重力)ポジションで背中の筋肉の緊張を軽減することで、横隔膜の圧力を下げて多くの酸素を取り込める。
  • 血液循環が改善することで、身体中の不要物を効率よく回収、新鮮な血液循環で酸素や栄養を送ることができる。
  • 浮腫みや冷えなど女性に嬉しい効果を見込める。

 

今回はココまでです。

 

PerfectChair®に興味のある方は、下記のバナーからホームページへどうぞ。

 

お問い合わせは

株式会社Ripple Effectまでお気軽にどうぞ!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る