Blog

寒暖差アレルギー 7℃以上の気温差には要注意!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

熱がない、アレルギーの季節でもないのに、くしゃみや鼻水が。。。それ寒暖差アレルギーかもです。

7℃以上の気温差には要注意!?

寒暖差アレルギーとは、日中と夜との気温差が大きくなり、くしゃみ、鼻水、鼻づまりの他、食欲不振、不眠、イライラする、疲れやすいといった症状がみられる事を言います。

一般的には、7度以上の気温差がある場合に起こるといわれています。

季節の変わり目だけでなく、室内と室外の急激な温度変化でも起こります。

人間の血管は、寒いときに収縮し、熱いときに膨張します。

7度以上の温度差があると血管の対応が追いつかず、自律神経が乱れて誤作動を起こしてしまうと言われています。

気温差が刺激となって鼻粘膜の血管収縮がうまく行かずくしゃみなどが起こります。

医学的には「血管運動性鼻炎」と呼ばれており、病院でのアレルギー検査ではアレルギー物質を発見できない場合がこれ寒暖差アレルギーに当たります。

寒暖差アレルギー対策

体感気温差を小さくしましょう。

冬の外出時は、室内と外気の温度差が大きいので、しっかり着込んで手袋やマフラーを使い温かい状態を維持しましょう。

夏、外が暑くてクーラーなどで寒い場合は、カーディガンなど羽織るもので温度調節をこまめに行いましょう。

 

食生活を見直す。

身体を温める食材、生姜やにんにくなどで血行促進する食材を食べるなどして、普段から身体を温めるような工夫をしましょう。

 

運動で筋肉を付けて基礎代謝を上げる

筋肉にある程度、熱を貯めることができるので、筋肉をつけて急激な温度変化に対応できるようにしましょう。

 

自律神経のバランスを整える

自律神経の乱れからくる寒暖差アレルギーですので、バランスを整える事をかんがえて生活しましょう。

  • 温かいお風呂にゆっくり浸かる。
  • 規則正しい生活をする。
  • ストレスをためない。

など、ご自身でリラックスできる環境を見つけて行いましょう。

 

まとめ

寒暖差アレルギーの治療は、症状を抑える対処療法となります。

薬を飲むのも早くて辛さを解消するにはいいですが、原因の自律神経バランスを整えることで解消できます。

ちょっと温度差に気をつけて、手間を掛けることで予防や改善ができるようになりますので、できるだけ規則正しい生活をおくるようにしましょう。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る