ヘルスケア

腰痛の原因は、上体起こしの腹筋運動にあり??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
sit ups

Photo by Timothy from Pexels https://www.pexels.com/photo/man-in-black-tank-top-inside-gym-700392/

 

2017/12/15の朝日新聞に次の記事が有りました。

腹筋運動が腰痛の原因 バスケ協会「推奨できない」

私も、中学から高校生の間、陸上部でトレーニングの中に上体起こし(腹筋運動)は当たり前のように組み込まれていました。

しかし、今回の記事には、この上体起こしの腹筋運動は腰痛の原因になると言われているようです。

日本バスケットボール協会では、この上体起こしの腹筋運動は推奨しないトレーニングとして周知を広げているといいます。

参考にしたのが、カナダのウォータールー大のスチュアート・マックギル名誉教授の研究で、上体起こしで脊椎が圧迫される力は、米国立労働安全衛生研究所が定めた腰痛につながる基準値と同等だとする研究結果だそうです。

何度も、上体起こしを繰り返すことで背骨の間の椎間板を痛めるのだそう。

なので、今は、背骨を摩耗しない方法で腹筋を鍛える「カールアップ」などを推奨しているそうです。

「全国体力・運動能力、運動習慣等調査」を担当するスポーツ庁の担当者は「上体起こしは、腰への負担を考慮して、かつてあった背筋力の測定に代えて導入された。新しい知見があれば見直しの際に考慮されるはず」と話しているそうです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください