Blog

ルーシーダットンってなに?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Photo by Form on Unsplash

ルーシーダットンとは

ルーシーダットンは、自分1人でも行えるタイの伝統医学「タイ式ヨガ」とも呼ばれ修行で疲労した自分の身体を回復するために、ルーシーダットンを行なった言われています。修行や瞑想を目的としたヨガとは異なるようです。

ルーシーダットンの意味は、「ルーシ」は仙人・修行僧の意味で、「ダッ」は伸ばす・正しい状態にに整える、「トン」は自分を意味します。

ルーシーダットンの特徴と効果

呼吸法

  1. 5秒間では息をすいこみボーズを取ります。
  2. そして、そのまま3秒間息を止めます。
  3. その後、ゆっくり5秒かけて息を吐きます。

息を止め状態は、体に力が入り血液の流れに負荷をかけている状態、そして息を吐くと同時に体の緊張がほぐれて血流が回復します。血流やリンパの流れを良くし、血行促進やむくみ解消を促します。

体のリセット

修行で疲れた仙人が自分をリカバリーするためのルーシーダットンですから、当然自分自身でできるということが一番の利点です。ルーシーダットンをすることで、体の歪を修正することができます。

日常生活に取り入れることで、整った体を維持することができ、新陳代謝も取り戻すことができるので、脂肪のつきにくい体を手に入れることができるでしょう。

自律神経を整える

先に説明をした呼吸法を行いながら行うので、交感神経を抑え副交感神経優位になると言われています。副交感神経は、精神を安定することができますので、リラックスする効果を生み出します。

ルーシーダットンとピラティスの違い

ルーシーダットンは、自分自身で疲れた体を回復させることが目的です。

ピラティスは、体幹を鍛え正しい体の姿勢を身に付けて、痛みや怪我を再発させないようにするリハビリを目的としたものです。

 

まとめ

私見ですが、ピラティスで体幹を鍛えて正しい姿勢を作り、日常の疲れやリカバリーをルーシーダットンを利用して自己メンテナンスするのが良いのではないでしょうか。

先のブログでも書きましたが、ピラティスは高齢の方でもできるエクササイズになります。もともとリハビリを目的としてつくられているものですので、老若男女の方が無理なく行うことができるかと思います。体幹を鍛え、正しい姿勢を維持する筋力をつけて、日常の疲れをその日のうちに自分自身で取り除くことで、病気や怪我、痛みを繰り返さないことができるのではないでしょうか。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください