Blog

1日1万歩も歩かなくてもいい!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

1日1万歩歩いても意味がない??

1日に1万歩歩いたら健康になると思っていた方は、ぜひ読んで見てください。

1日1万歩

簡単に始めることができるウォーキング。

以前から、1日1万歩を歩くと健康になると言われていました。

しかし、1万歩歩いているからと言って健康になるのとは別ということが最近の研究で言われています。

健康維持は、約8000歩、

ダイエット目的では、約10,000歩を歩くように推奨されるようになりました。

 

最適な歩数

1日普通に生活していると8000歩近く歩くと言われます。

平成27年の調査(※)では、全国20~64歳の一日の平均歩数は、男性で7,970歩、女性で6,911歩。

(※)厚生労働省「平成27年 国民健康・栄養調査結果の概要」

じゃ、運動しなくても8000歩も歩いているから私は健康だ!

と、思うのは間違いだそうです。

8000歩歩く中で、ある程度負荷のかかったウォーキングでないと意味がないそうです。

 

中程度の強度で20分

中程度の強度って言っても難しいですが、早歩き程度と考えると良いかと思います。

早歩きしながら、会話ができる程度の負荷であれば、ベストではないでしょうか。

会話ができないぐらいの早歩きは、もはや強程度になってしまい、息が上がってしまいます。

いつもより少し早い速度で20分歩いてみましょう。

 

ポイント

1日トータルで8000歩を目指してあるきましょう。そのうちの20分だけ早歩き。

雨の日も暑い日も無理して歩くのではなく、日常生活の一部に取り入れる。

会話ができるぐらいの早歩きで、無理をしない。

成人男性の歩幅75センチと仮定した場合、約6キロが8000歩。

 

効果

  • 肥満予防
  • メタボ予防
  • 骨粗鬆症予防
  • 生活習慣病予防
  • 動脈硬化予防
  • 脳卒中予防
  • 認知症予防

とたくさん効果があるようです。

 

まとめ

まず、歩くことがない人は、歩く習慣をつけましょう。

男性も1日の生活で7,970歩、女性で6,911歩です。日常の生活でほぼ8,000歩近い歩数を歩いているので、20分だけ早歩きをする時間を取ればいいということです。

音楽を聞きながら歩いたり、アプリや活動量計で可視化してみると、楽しく歩くことができます。

難しく考えずに、通勤時間に20分早歩きしたり、20分だけ早歩きウォーキングプラスするだけで、上記の効果を期待できるそうです。

しかし、20分以上で脂肪燃焼が始まることを考えると、ダイエットを目的にするのであれば、20分以上歩く時間を作ることがより効果的でしょう。

まず歩く習慣をつけててきたら、次の段階の歩き方を意識しながらウォーキングすると効率が上がるでしょう。(姿勢、歩幅、心拍数)

まずは、歩く習慣として8000歩(早歩きウォーキング20分含む)を目標に、無理なくできるルーティンにしてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください