Blog

あなたは大丈夫?6月病

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

5月病は有名ですが、6月病ってあるの知ってますか?

新年度のバタバタした雰囲気も一段落して、頑張らなきゃって時になんだかやる気が出ない。

そんな時は、無理をせず少し深呼吸しませんか?

6月病ってなに?

頑張らなきゃって時になんだかやる気が出ない。

これって5月病じゃない?って思いますよね。

新年度が始まって、連休が過ぎた頃に起こる精神的なものですよね。

6月病っていう病気はないのですが、6月に精神的に疲れて心身の不調が現れることが多く見られます。

正式には、自律神経失調症や適応障害と言われるようです。

5月の連休が引き金に!?

日本の四季が特に関係するのかもしれませんが、この時期、身体は春から夏へ順応するために忙しくなります。

ですが、5月は大型連休があります。

新年度が始まり、緊張感をもって毎日を過ごしていました。はじめての環境で特にストレスを感じているのにもかかわらず、緊張からそのストレスをストレスと感じず毎日に追われていたかもしれません。

しかし、連休で疲れがドッと押し寄せたり、夜更かしして体内のリズムが狂ったり。

そうでなくても季節の変わり目で、身体はこれから来る蒸し暑い梅雨や夏に向けて身体を順応させるために一生懸命です。

そして、連休が終われば、会社や学校の新しい生活へ戻ります。

自律神経が休まる間もなく、ストレスを受け続ける事となりかねません。

それって5月病!

そう、これ5月病ですよね。

でも、5月に症状が出た人は、5月病。

5月に狂った胎内時計や連休明けの新しい環境でストレスをを受け続けた方が、5月を乗り越えようと頑張ってたのに、梅雨のジメッとした憂鬱な雰囲気が後押しして、もう無理って音を上げるパターンです。

それが6月の梅雨時期にあたるため、6月病ともいわれています。

自律神経が重要

自律神経は、ご存知の通り心臓を動かしたり体温調節したりと自分の意志でどうすることもできない、脳から身体に流れる神経です。

このバランスが狂うといろいろ身体に不調が起こる原因となります。

交感神経と副交感神経

2つの神経があり、興奮すると交感神経が優位になり、リラックスすると副交感神経が優位となります。

この2つのバランスが取れている状態が、心身ともに安定していると言えるでしょう。

今回のように、気候や新しい環境によるストレスや、生活習慣の変化などが体に与える影響が大きいというわけです。

6月は特に、連休がない月でもありますので、上手くリフレッシュできない状態が続いていると、発症すると言われています。

また、精神的に不安定になりやすいので、退職や自殺、犯罪などの発生率も高くなる傾向があるとも言われています。

予防するにはどうするの?

規則だたしい生活をする。

朝早く起きるのではなく、夜早く寝て決まった時間に起床することが大切です。

当然、睡眠前のスマホで神経をたかぶる状態にするのではなく、できればゆっくり深呼吸やストレッチをしながら心を落ち着かせ寝る準備をしましょう。

気分転換をうまくしましょう。

気分転換に外出するのもいいのですが、疲れるようでは逆効果。雨が多いので、晴れた日に気分が良くなる程度のリフレッシュに外出するぐらいにしましょう。

お酒はほどほど。

眠れないからと言って、寝る前にお酒を飲むのは安眠を妨げるのでオススメできません。

アルコールを飲んだら寝れると思っているかと思いますが、疲労感を解消するだけで、肝臓や脳は疲れやすくなります。疲労感が減るだけで、実際の疲労は取れません。

ストレスを感じないように。

自律神経を整えるための情報がたくさんありますが、新たに始めることがストレスになることもありますので、無理に始める必要もありません。

 

まとめ

特に注意が必要なのは、新社会人や新入生などの新しい環境に変わった人でストレスを感じやすい方の注意が必要です。

自分のストレス解消法などを一つ持っておくのがいいかと思います。

呼吸が自律神経をコントロールする唯一の方法だと言われていますので、瞑想や深呼吸をするのもいいかと思います。

よろしければ、こちらの記事も合わせてどうぞ。

瞑想をしてみませんか?

呼吸の大切さを知る。その1

呼吸の大切さを知る。その2 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る