Blog

姿勢を良くして健康なからだを手に入れよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

正しい姿勢をしてください。

そう言われて、鏡の前にたった時、あなたの身体はどう映りますか?

肩の高さは同じですか?頭は傾いていませんか?

横を向いた時、猫背になってませんか?

正しい姿勢ってとてもむずかしいですよね。

上記のような傾きがあれば、あなたの脳は正しい姿勢をしていると思っていますが、実際傾きがあるということは、何かに問題があります。

脳からの司令に誤差がある。

武井壮さんが以前テレビで話していたことがあります。

有名なピッチャーのマネをして投げてたのに、実際ビデオで撮ってみたら全然似てなかった。

なぜか。

武井さんは、自分の目で見える範囲は、自分の脳で考えたとおり手や足を動かすことができていたが、見えない部分は思った通りに動いていなかった。

頭の中で思った通り動かしてたと思っていたが、動かせていなかった。

動かしているつもりだったんだと知ったそうです。

自分の状態を知る

正しい姿勢をしているのに、身体が傾いていたりするのは、正しい姿勢をしているつもりなのかもしれません。

どうして、正しくまっすぐしているつもりなのに、身体が傾いているのでしょうか。

 

では、まず自分の状態を観察してみましょう。

鏡の真中に縦の線を引きましょう。(ビニールテープでもをOK)

そして肩の位置に地面と平行に線を引きましょう。

これで、自分の頭から脚まで、中央の縦線が真中に来るように立ってみましょう。

正しい姿勢を理解する

まず、目を閉じて、自分が真っすぐ立っていると自身がある状態にしましょう。

そして、ゆっくり目をあけて、先程鏡に引いた線と見比べてどうでしょう?

首や肩、身体や腰が曲がってませんか?

もし、身体が正しい位置にない場合。

それは、長年姿勢悪くして筋肉が凝り固まってしまい、左右の筋肉の均衡が崩れているのかもしれません。

筋肉の緊張を取り、身体で正しい位置を覚えましょう。

もし、長時間その姿勢を維持できない場合は、筋力が不足している可能性があります。不足している筋肉を鍛えて、身体をまっすぐ正しい姿勢を維持できるようにしましょう。

マッサージや矯正をしてももとに戻ります。

私達は、地球の重力に引っ張られて2足歩行をしています。

毎日生活をするので、身体を動かしたりすることでひずみます。

これらの影響で一時的に正しい姿勢に矯正しても、もとに戻ってしまいます。

  • 日常生活での癖
    • 脚を組んだり、同じ肩でカバンを持ったりしていませんか?
  • スポーツ
    • 利き手で行うハードなスポーツで腕の太さが違ったりしませんか?
  • 職業
    • いつも同じ姿勢で仕事していませんか?

脳が一生懸命まっすぐ、正しい位置にしようとしても

身体が間違って認識しているかもしれません。ゆがんでるのに、ここが正しい位置ですよと。。。

まとめ

一つ歪みがあると、他の場所が無理をします。その無理は連鎖し、体全体に歪を生み出します。

一時的なもの、初期であれば筋肉の緊張を解すことで解消されるでしょう。

しかし、長期間その状態が続けば、それが常態化し筋肉は固くなり、血流が悪くなり、どんどん悪くなっていきます。

病気だけでなく、美容や精神的にも悪影響を及ぼしていきますので、正しい姿勢を維持する筋力と正しい司令を送る脳をリセットすることが重要です。

 

少し宣伝

当社で取り扱っているパーフェクトチェアは、ゼロ・グラビティポジションで背中にかかる重力を軽減します。

世界カイロプラクティック連合が認定するこの椅子は、カイロプラクティックの施術後に利用するとより効果が高まると多くの臨床を繰り返し認定されています。

整骨院やマッサージを受けたあと、ほぐされた筋肉を無重力のような椅子でリラックスさせると相乗効果を見込めます。

正しい姿勢へ戻すために、整骨院でのケア、毎日の自宅でのケアで、健康体を手に入れましょう。

ご購入は、YAHOOショップ リカバリーストアでどうぞ。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください