Blog

チューブトレーニングのすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

自宅でトレーニングをしている人におすすめする今回のトレーニングは、「チューブトレーニング」です。

自宅だけでなく旅先でも毎日のトレーニングに負荷をかけて簡単にトレーニングできます。

チューブトレーニング

自重トレーニングにチューブを付け加えるだけです。

メリット

  •  簡単に筋トレに負荷をかけることができます。 

チューブは、ゴム製なので伸びた分だけ負荷が高くなります。

思いダンベルなどを持ったりする必要もなく、筋力がない女性や高齢の方にも簡単にトレーニングができます。

  •  持ち運んで運動ができます。 

ダンベルや腹筋ローラーのように持ち運びに向いていないものでは、旅行先や出張先でトレーニングができませんが、チューブはゴム製でかさばることもありません。

公園などの野外でのトレーニングにも持っていくことができ、自宅で行っているトレーニングをどこでも行うことができます。

  •  高齢の方でも安全にトレーニングできます。 

筋力のない高齢の方は、万が一思いダンベルなどを落としてしまうと、骨折などの怪我のリスクがあります。

しかし、ゴム製なので軽く落としても怪我のリスクはありません。

力を入れてゴムが伸びた分だけ負荷がかかりますので、自分にあった無理ないトレーニングができます。

 

トレーニング方法

 

まとめ

自宅でスクワットだけしている人で、結構体力ついたぞ!って人にはおすすめ。

もう一段回UPするのに、重たいダンベルとかを使ってトレーニングしなくても、チューブゴムでトレーニングするだけで負荷のかかったトレーニングが簡単にできます。

また、トレーニングだけでなくゴムの反発を使ってストレッチなども有効です。

チューブゴムひとつでたくさんのトレーニングができます。

また、鍛えたい筋肉だけ負荷をかけてトレーニングができますので、コテコテに鍛えたい人にも十分対応します。

ぜひ、チューブトレーニングを取り入れてみませんか?

 

トレーニングチューブはこちらから

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る