Blog

バランスボールを使用するメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

最近、バランスボールを椅子として使用したrい、日常生活のトレーニングに取り入れている方もいるかと思います。

バランスボールはどのような効果があるのでしょうか。

効果やメリット

ボールの上に座るので、不安定な状態の体勢でバランスを維持しようとしてインナーマッスルを使うことになり、日常生活であまり使うことのない筋力が鍛えられます。

筋トレ効果とダイエット

仕事や自宅での椅子をバランスボールに変えることで、インナーマッスルを鍛えるトレーニングをしていることにもなり、基礎代謝の高い身体を作ることが期待できます。あまり動かず座ってばかりいる1日の場合、数時間バランスボールに変えることでインナーマッスルを鍛える事ができます。

筋力が付けばカロリー消費されやすい身体になりますので、ダイエットにも効果が期待できます。

姿勢の改善と腰痛の解消

バランスボールを椅子代わりに使用することで、背筋を伸ばして安定した姿勢を保つ必要があります。自然に良い姿勢を取り、インナーマッスルを鍛えることで猫背の改善にも期待ができます。ただ、なれるまで筋肉痛が出る場合もあるかもしれませんので、無理せず通常の椅子の使用時間とバランスボールの仕様時間を徐々に変化していくのがいいかと思います。

椅子に座っているときの姿勢が悪く、背中や肩こり、腰痛の症状がある方も多いかと思います。バランスボールで姿勢を良くすることで、腰への負担や背中の筋肉負担を分散することができるので、痛みの改善が期待できます。

また、ダイエット効果で体重が減ってくると更に重力負荷は減るでしょう。

選び方と使い方

ノンバーストタイプをおすすめします。

空気を入れて使用するものですので、何かの拍子に破裂することが考えられますので、耐荷重を確認してノンバーストタイプを選択することをおすすめします。

仕事椅子をバランスボールにすることはとてもいいことだと思いますが、1日8時間もバランスボールに座っていると筋肉痛や集中力の低下を招く場合があります。

無理をせずにスタンディングや通常の椅子に戻したりなどして、日常生活に支障をきたさない程度で利用するのをおすすめします。

椅子以外にもバランスボールを使った運動方法がありますので、ストレッチに利用したり、筋トレに使ったりできますので、ぜひ家や職場でも活用されることをおすすめします。

 

まとめ

私も使っていますが、デメリットとしてはバランスボールの収納困る事があるぐらいです。通常の椅子を置かないのであれば、それほど場所に問題を感じないと思いますが、椅子がありさらにバランスボールを置くと。。。

ということで、ご想像できるかと思いますが、場所が2倍必要です。

場所問題以外は、姿勢も良くなりインナーマッスルを鍛えることができとてもいいものだと思います。

価格も1000円程度から3000円とお求めやすい価格ですので、ぜひお試しください。

 

Photo by i yunmai on Unsplash

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください