Blog

40代から注意!?白内障について。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

白内障は、ご高齢の方がなる病気だと思っていませんか?

40代のあなたも注意が必要です。

白内障

白内障は、水晶体が年齢とともに白く濁って行き、視力がていかする病気を言います。

水晶体をカメラに例えると、レンズ。

レンズは外からの光を取り入れて、毛様体筋でピントを合わせ網膜に投影します。

通常は透明なのですが、白く濁ることで光が網膜に届きにくくなり、見えにくくなります。

早くて40歳代から始まり年齢とともに増加します。

このことから、高齢の方に多い印象を持つかもしれませんが、40代でも白内障になることはあるということです。

 

症状

  • 視界がかすむ
  • 視力が低下する
  • 光が眩しく感じる
  • 暗いときと明るいときで見え方が違う

上記のような症状はありませんか?

暗くなると文字が見えにくい。最近はっきり見えない。

などあったら注意が必要です。

 

種類

白内障と言っても1種類ではありません。

  • 加齢性白内障(加齢が原因)
  • 全身疾患合併白内障(アトピー、糖尿病が原因)
  • 先天性白内障(風疹など)
  • 外傷性白内障(目の怪我)
  • 併発白内障(ブドウ糖膜炎など)
  • その他 (放射線、ステロイド剤)

上記の原因で白内障になりやすくなります。

 

治療方法

初期の場合は、白内障の進行を遅らせる点眼治療を行います。

進行した場合は、外科手術が行われます。

 

手術の方法

水晶体を眼内レンズに入れ替える手術となります。

  1. 眼球を切開し、水晶体の前嚢を切開します。
  2. その後、水晶体の核と脂質を超音波で砕き吸引します。
  3. 次に、眼内レンズを入れて終了です。

通常時間的には、片目10分から15分程度と言われています。

手術前には、数種類の目薬や麻酔の目薬などを行いますので、実質45分から1時間は病院にいることになるかと思います。

 

術後から数週間

日帰り手術も可能です。

ただ、転倒すると危ないので、付添の方と同伴かタクシーなどの公共交通機関で自宅まで帰られるのが良いと思います。

術後は、シャワー、洗顔はできません。4~5日程度で眼帯が外れますので、その際医師から入浴や洗顔の許可が出るかとお思います。

術後の感染病を予防するためにも、きちんと守り定められた目薬を守りましょう。

 

術後1~3ヶ月

手術の炎症を抑え、感染症を防ぐために、医師から支持される目薬と回数をきっちり守りましょう。

 

注意事項

必要であればメガネを作成

ピント調節機能がなくなりますので、ただ見えるというだけになります。

大抵、片目の手術ですと、良い目の視力で遠い部分と合わせて眼内レンズを入れて頂けると思います。

ですので、近くや、手元はピントが合わず文字を読むことができないかもしれません。

これは、先に書きましたが、ピント調節機能が手術によりなくなったことで起こっています。

ですので、用途に合わせたメガネを作成することとなります。

術後、視力が回復し安定したら、視力に合わせたメガネの処方をして頂けます。

眩しい場合

術後、太陽の光や、テレビモニターが眩しい場合もあります。

この場合は、外出時はサングラスなどをかけ、テレビは明るさを調節して暗めにしたり、部屋の明かりを落としたり、カーテンで暗くしたりして対応しましょう。

めまいや頭痛を起こしたりしますので、気をつけましょう。

 

後発白内障の注意

白内障の手術後、数ヶ月~数年後に眩しくなったり、かすんで見えたりすることがあり、この事を 後発白内障 といいます。

手術の際に残していた嚢部分が濁ってくることで起こります。

この際、レーザーを用いて切除いたします。

レーザー

レーザーの場合は、白内障の手術と同じく10分程度です。

事前に眼圧等を図り、瞳孔を開く目薬や麻酔の目薬をします。

その後、専用のレンズを目にはめ込み、レーザーで切除していきます。

痛みは、ほとんどありませんが、レーザーのスイッチをカチカチ入れるときに、

軽い衝撃を感じかもしれません。

 

当日から洗顔や入浴も可能な場合もあります。

 

まとめ

白内障は、通常加齢による原因のものが殆どだそうなので、高齢の方の病気と言うイメージがあります。

しかし、40代でも糖尿病の方やアトピーなどの病気を患っている方も十分白内障になる原因となります。

 

術後の眼圧も注意が必要で、緑内障を発症する場合もありますので、術後しばらくは注意する必要があるかと思います。

 

皆さん目は、そんなに気を使っていないかもしれませんが、唯一と言っていいほど外に出ている臓器であります。

最近は、スマホやPCなどを見る時間も長くなっていますし、太陽光の紫外線も強くなっていて、目には良い状況とは言えません。

私からのご提案として

  • スマホやPCの時間をできるだけ減らして目の疲れない環境を作りましょう。
  • もし、それが無理だったら、必ずブルーライトカットHEV対応のメガネを付けて目を守りましょう。
  • 外出時は、サングラスを付けて目を紫外線から守りましょう。
  • 糖尿病からの白内障もあるということですので、生活習慣を見直しましょう。

なかなか、サングラスなどを夏以外付けていたり、仕事中につけていたりすると周りの目も気になりますが、

自分の目を守るために是非サングラスや調光メガネ、ブルーライトカットメガネを付けましょう。

これも、加齢による白内障の予防にもつながるかもしれません。

私は、調光レンズ(紫外線量でレンズ色が変化するもの)とブルーライトカットが一緒になったものを試しで使用しています。

このメガネを着用しているだけで、PCでの仕事、スマホを見ていてもブルーライトから目を守れます。

さらに、サングラスを余分に持ち歩かなくても、外出して太陽光がメガネに当たると黒く変色しサングラスになります。

屋内に入り5分程度で透明になってくるので、スマホをみてても付け替える手間がなく便利です。

 

今白内障出ない方も、目を守る意識を持ってく頂けると嬉しいです。

60歳代で約40%、70歳代で約80%以上の方が白内障となっているそうです。

ぜひ、今からメガネなどで目を大切にしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る