ヘルスケア

脳の健康を保つために

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

脳の老化は防ぐとこは避けられませんが、脳の健康を高めるために今日からできることがあるそうですので、ご紹介します。

脳の健康を維持

脳は、私達の身体をコントロールするコンピューターと言えるかもしれません。心臓を動かしたり、呼吸をしたり、臓器を働かせたりして、生命を維持する大切な司令塔です。

年齢を重ねることで、脳の反応が低下するのは自然なこととは言え、認知機能を高めることで加齢に伴う脳疾患のリスクを減らすことができます。

 

オメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸は、認知に不可欠な脳や神経細胞を構築すると言われています。加齢に伴う記憶の喪失予防に役立ちます。

研究によると、オメガ3欠乏症になると、学習障害やうつ病に繋がる可能性があると言われています。(参考:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17685742)

 

脳トレ

加齢が進むと筋肉が衰弱するだけでないく、脳も使わないと萎縮していくことがあります。

身体を鍛えると筋肉がつくように、脳も働かせると脳を強化することができます。

利き手と反対の手でいつもの行動をするだけでも、脳に刺激を与えることができます。

簡単なゲーム、クロスワードパズルやトランプ、麻雀なども脳を鍛えるのに役立つと言われています。

 

飲酒の量を制限

2018年のある研究では、大量の飲酒を続けると脳の体積が減少する可能性があることが報告されています。

彼らは、20年にわたって週に14杯以上飲む人の脳が1.6%小さいことを確認しました。

(参考:https://www.arcr.niaaa.nih.gov/arcr391/article10.htm)

脳と心を健康に保つためには、飲酒を適度なレベルに制限する方が良いようです。1日2杯程度を推奨しています。

 

運動

運動をすることで、心拍数を上げることができます。

心拍数を上げることで脳への血流を増やします。特に、有酸素運動は認知機能の改善に効果が見込めると言われています。

脳への血流が増えるkとで栄養素と酸素の両方を脳へ運ぶため、脳機能を高め、物忘れなどを予防することに効果が見込めます。

(参考:https://time.com/4752846/exercise-brain-health/)

 

睡眠

十分な睡眠を必要とします。睡眠は脳の記憶を整理したり細胞の再生をする貴重な時間となります。

十分な睡眠が取れない場合は、十分なパフォーマンスが発揮できません。

睡眠中に脳がデトックするを行うことも証明されています。

(参考;https://science.sciencemag.org/content/342/6156/373)

効果的な睡眠パターンを維持することで、脳のパフォーマンスを最大限発揮することができるようになります。

 

まとめ

脳の健康を保つためには、今からでも遅くありません。

これらのヒントをもとに、認知機能の強化をすることで脳の劣化を遅らせることができます。

うまく今のライフスタイルに取り込んで、脳の健康を保つようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る