Blog

重要な働きをする自律神経について考えてみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

自律神経系は、血圧や呼吸数など、意識的な努力を必要とせず、自動的(自律的)に機能するのが特徴です。

自律神経系の病気は、体のあらゆる部分に影響を及ぼす可能性があります。

自律神経系

血管、胃、腸管、肝臓、腎臓、膀胱、性器、肺、瞳孔、心臓、汗腺、唾液腺、消化腺などの内臓を支配しています。

自律神経系は、以下の2つに分けられます。

 

  • 交感神経系
  • 副交感神経系

交感神経系

以下のものを増加(増大)させる

  • 心拍数と心臓の収縮力
  • 肝臓に蓄えられたエネルギーの放出量
  • 安静時に体の機能を遂行するためにエネルギーを消費する速度(基礎代謝率)
  • 筋力
  • 呼吸がしやすくなるように気道を広げる
  • 手のひらの発汗
  • 緊急時にあまり重要でない機能(消化や排尿など)を鈍らせる
  • 精液の放出(射精)の制御
 

副交感神経系

 

  • 消化管を刺激して、食べものの消化や不要物の排泄(排便)を促す
  • 心拍数を遅くする
  • 血圧を下げる
  • 勃起を制御する

 

自律神経が崩れる原因

心身の不調と密接な関連があるという自律神経の乱れは、どのようなことが原因でバランスを崩してしまうのでしょうか。

不規則な生活習慣

私たちの体は、規則的な生活のもと、さまざまな器官がその役割を果たしています。しかし、睡眠不足や偏った食生活、不規則な生活習慣を続けていると生体リズムが狂い、自律神経のバランスが乱れてしまいます。ストレスを軽減させるためにも、規則的な生活を送ることが大切です。

ストレス

ストレスを感じることで、体内では「副腎皮質ホルモン」が分泌され、同時にアドレナリンなどが分泌されます。

副腎皮質ホルモンやアドレナリンには、血糖値上昇や血圧上昇、免疫抑制、胃酸分泌促進、覚醒などを引き起こす作用があり、交感神経を優位にする働きがあります。

ストレスを受け続けると交感神経が優位になり続けるため、副交感神経とのバランスが崩れてしまいます。

その結果、心身の不調を引き起こしやすくなります。

人がストレスを感じる環境はさまざまで、人間関係や仕事のプレッシャー、緊張といったものだけでなく、過労やケガ、温度、音、光などが原因のストレスも、自律神経の乱れを引き起こしやすくします。自分が何に対してストレスを感じるのか個人差があるため、個々でストレスをうまく解消する手段を持つことが必要です。

心身の疾患

ストレスや生活習慣だけでなく、心身の疾患が原因となって自律神経のバランスを乱してしまうことがあります。

過剰な精神的・身体的ストレスが原因となって自律神経がさらに乱れてしまう疾患。
自律神経が乱れてしまう疾患です。症状としては突然のほてりやのぼせ、めまいや頭痛などの不調が挙げられます。

まとめ

自律神経は、人間の生命維持をつかさどる重要な神経です。私たちの意思ではどうすることもできない神経ですので、日常の生活やストレスに対して対処する方法を自分なりに習得しておくことが重要でしょう。

現代は、いろんなストレスがありますし、24時間止まることない仕事ともありますので、業務時間の多様化もあり、本来の人間の生活リズム通りに生活ができない場合もあります。

自分の体から発せられる悲鳴を聞き逃すことなく、事前に心身ともに休める時間を無理やりにでも作り休めることを心がけましょう。

 

 

 

 

参照:https://www.s-re.jp/magazine/health/20/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る