PerfectChair®

【第3回】PerfectChair®で腰痛が改善?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今回は、第3回ということで、最大のウリでもあるゼロ・グラビティでBackPainに有効であるということについて書いてみます。

BackPainとは、背中の痛みと翻訳されると思います。

背中の痛みに関すること、腰痛、背中、肩、首に関する全般について有効だと説明しています。

なぜでしょう。

ゼロ・グラビティ(無重力)ポジションは、重力からの負荷を軽減します。

毎日、座っていても立っていても私たちは重力、地面に引っ張られて生活しています。

当然、頭のような重い物を支えるための筋肉は常に緊張を強いられているわけです。

ゼロ・グラビティポジションは、重力からのストレスを開放してくれますので、自然と筋肉の緊張はほぐれます。

骨と神経が干渉していた場合、圧迫を軽減し痛みを和らげることができます。

また、頭痛の予防にもなります。

首や肩の圧力を減らすことは、頭痛の重症度を軽減するか、または頭痛を完全に取り除く手助けをします。

 

このような調査データが示されています。

Reduce back pain

In a study conducted by the Portland Research Group, 58% of people who own a Perfect Chair report either reducing or eliminating their regular use of painkillers for back pain after spending time in neutral posture each day.

ポートランド・リサーチ・チームが調査した結果があります。

「背中の痛みを軽減する
ポートランドリサーチグループが実施した調査では、パーフェクトチェアを所有している人の58%が毎日ゼロ・グラビティ姿勢で時間を過ごした後に、痛みのために鎮痛剤を定期的に使用することを減らすか、またはなくすと報告しています。」

58%の確率で改善されていることが証明されています。

 

次の動画には、毎日15分から20分程度座って、寝る前にも座ると良いだろうと医師が健康的な方法として推奨していると行っています。

英語の動画ですので、ユーチューブの翻訳機能をONにして日本語設定してご覧ください。

 

まとめ

ゼロ・グラビティ(無重力)ポジションで、定期的にチェアに座ることが最も有効だとアメリカの医師は推奨している。

背骨の圧力が軽減することで、神経圧迫などがあれば軽減される。

血液の循環や老廃物の流れが良くなることで、栄養素がたくさん入った血液が流れダメージを受けた身体のリカバリーに有効である。

 

今回はココまでです。

 

PerfectChair®に興味のある方は、下記のバナーからホームページへどうぞ。

 

 

過去の記事はこちらからどうぞ

【第1回】PerfectChair®(パーフェクトチェア)は無重力チェアー

【第2回】PerfectChair®で下半身の血液を心臓へ戻そう!

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。