PerfectChair®

Perfect Chair® ゼロ・グラビティ リクライニングチェアは、アスリートにも有効です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Human Touch社は、トライアスロンのオリンピックUSA代表および世界チャンピオンのAndy Pottsとパートナーシップを結んでいます。

Andy Pottsは、ハイパフォーマンススポーツに於けるウェルネスと回復の重要性を洞察するためにHuman Touch社のウェルネス協議会に参加しています。

Human Touch社ウェルネス協議会とは。

Human Touch社が独自に置いているウェルネス協議会は、プロスポーツ選手から医療従事者、ヒーラーまで、さまざまなウェルネスプラクティスの洞察を得て、広く認められている専門家チームです。ウェルネス評議会は、ヒューマンタッチ製品の開発を指導し、プロフェッショナル、スポーツ愛好家、腰痛患者、消費者に同様の情報を提供する使命を持っています。

Andy Pottsが次のように話しています。

「プロのトライアスロン選手として、レースとトレーニングの成功の柱の1つは、適切な回復から来ています。週に35時間以上練習していますが、これは体に多大な負担をかけます。Human Touch 製品を私の日常生活に加えることで、私は今まで考えられなかったやり方でリラックスをして回復することができます。ウェルネス評議会のメンバーとしての私の目標は、運動後の回復トレーニングの両方で、私の専門知識を分かち合うことで、他の人たちが私の知識をこれらの分野で享受できるようにすることです。」(Human Touch Press Release)

Andy Potts   (WEB:  https://www.andypottsracing.com/ )

ミシガン大学でスイマーとしてのキャリアをスタートさせ、NCAAオールアメリカンチャンピオンの6人であり、大学のチームのメンバーとなった。彼は2003年にプロス​​ポーツ選手としてデビューし、2004年のギリシャ夏季オリンピックで2度目のオリンピックトライアスロンに出場しました。その後、フロリダ州クリアウォーターで開催された2007アイアンマン70.3世界選手権を3時42分33秒で優勝しました。それ以来、彼は55回以上の第1位でのフィニッシュを200以上のレースで成し遂げました。2007年、彼はPan Am Games Championのタイトルを獲得し、2007 USAT Triathlete of the Yearに選ばれました。それ以来3回以上タイトルを獲得しました。

リカバリー例

Andy Pottsは、2017年7月に行われたキャンプで、マッサージチェアとともにPerfect Chair®を回復の為に利用していました。(Human Touch社サポート)

最新のアップデートでは

Andy Pottsは、タフはトレーニングの後にMarcPro EMSデバイスをPerfectChairに座りながら使用をしています。アスリートには理想的だと書かれています。

ストレッチ・リカバリーショップ

This is how we will be spending the first day of fall! 🍁🍂 #fallequinox2017 #stretchprola

StretchProさん(@stretchprola)がシェアした投稿 –

アメリカLos AngelesのStretch ProでもPerfectChair®が利用されています。

Normaticの製品との組み合わせは、多く見受けられます。

アイスホッケーの選手もPerfectChairとnomatecを利用しています。

多くのプロ達が認めて使用しているPerfectChair®は、高級感のあるデザイン性だけでなく、機能的にも満足いただけている製品であることが確認できます。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。