ヘルスケア

瞑想をしてみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

瞑想、マインドフルネス、メディテーション

今日は瞑想について書いてみようと思います。

瞑想は、少し宗教色が強いイメージや精神性を重視することですので、抵抗のある方もおられるかもしれません。

しかし、近年は海外でもメディテーション、マインドフルネスと言う言葉で瞑想を取り入れて企業も多く、GoogleやIBMなど社内に瞑想スペースもあるぐらいポピュラーになっています。

日本にも仏教での瞑想や禅などがありましたが、宗教色が強いものでもあり、敬遠されることも多かったのではないでしょうか。

しかし、今行われているマインドフルネスなどは、その宗教色をなくし、今の自分に向き合うメソッドがになっており、誰でも抵抗なく取り組めるようになってきました。

 

瞑想はなぜ今企業などに取り入れられるようになったのか。

生前スティーブ・ジョブズやGoogleなどが行っていたこともあり、日本でもたくさんの本が出版されました。

マインドフルネスや瞑想の情報には、集中力のアップが言われています。

集中力が上がることで、ビジネスシーンでは多くのメリットがあります。

判断力やアイデアが出たり、集中力することが出来れば仕事の生産能力も当然上がるでしょう。

また、個人差や向き不向きはあると思われますが、ストレスが多くかかる現代では、それらの軽減などにも効果が見込めるのであれば、取り入れない理由は無いでしょう。

ビジネスだけでなく、アスリートや学生にも有効だと思われます。

Photo by Dingzeyu Li on Unsplash

Photo by Dingzeyu Li on Unsplash

精神安定にも

集中することで、呼吸がゆっくり深くなり、酸素も多く取り込むことができます。取り込まれた酸素は血流に乗り、脳を含め身体細部まで新鮮な酸素が送られます。

浅い呼吸より、ゆっくり深い呼吸をすることで、リラックスできることになります。

緊張からリラックスへ移行することで、自律神経のバランスを整えていきます。

体調が改善されることもあるとも言われています。

 

場所はどこでもできる。

会社のデスクでも、自宅でも、短い時間でも瞑想をすることができます。

うるさいところでも、自分の呼吸に集中するだけで、周りの音が消えていく感覚を感じる方もいるかもしれません。

人それぞれ集中できる方法はちがうと思いますし、リラックスできるスイッチが違うと思います。

アロマの好きな匂いであったり、お気に入りの場所であったり、何かをきっかけにスーッと瞑想に入れるスイッチを持つことをお勧めします。

科学的にもまだまだ解明されていない部分が多い瞑想の効果ですが、少し疲れた時にやってみると何か気づくことがあるかもしれません。

決して長い時間をしないといけない決まりも無いため、短時間でも自分なりの精神安定方法を持っておくのもいいかもしれませんね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

コメントを残す